石井淳アトリエ 建築設計事務所 神奈川県相模原市 建築設計事務所 相模原市

 

さらに年末掃除と「ポワロー・ヴィネグレット」「ウィ~シェフ」

2019-12-29(日)

年末掃除中、パスタ食いながらひとりで笑う、苦い思い出。
思い出しながらあまりにおかしいので検索してみました。
「フランス料理、長ネギ」、、で、ついでにエントリー。

パスタのほうはアサリと鶏とキャベツ
ニンニク、酒塩コショウ、なかなかうまい。
いつものことながら俺ってやるじゃん。
つけっ放しのテレビから
♪幸せのレシピで~ と達郎が歌い
フランス料理「ウィ~シェフ」とかやってる。

さて、苦い思い出。
卒業したて、北鎌倉でのデートである。
北鎌倉ってたぶん彼女のリクエストなんだと思う。
駅前の田舎風フレンチレストラン。
ラーメン定食よりカッコいい。。。

レシピを見ている僕に
「あっちのあの人、なかにし礼よ」と彼女がささやく。。。
それで、とにかく値段が高い。
払えない。
どういう食い物なのかわからない。

とりあえず単品で安めのものをオーダーして、別の店でラーメン定食食おう。
ということでオーダーして出てきたのがなんと「長ネギ」
なにがなんだか、通らぬ喉に押し込んで、、彼女に申し訳なく。。。

でてきた長ネギはたしかこんなの(検索結果)

ポワロー・ヴィネグレット

さて、懲りずに青山での苦い思い出。
今度はたぶん少しだけお金を持っていたのだと思う、青山フレンチ。
彼女はすでに警戒気味で歩が進まず、僕の後を仕方なくついてくる。

席についたとたん
「お客様、お席が違います」
「えっ?」
「女性がこちらで、、、うんぬんかんぬん」
座った時点ですでにブラックアウト、そしてやっぱり値段が高い。
おすすめ給仕用ワゴンに素通りをお願いし、これで僕の青春2連敗。

今夜テレビ放送で
♪幸せのレシピで~ と達郎が歌い
キムタクが
「お客様、お席が違います。
男性は女性をエスコートしてこちら側に。
ちゃんと席を変え、座りなおして、うんぬんかんぬん。。。」
と言えば本物のフレンチレストランとして認めてやろう。
僕はたぶん行かないけれど。

来年が僕にとってもよい年となりますように。

 

年末掃除のついで。で掃除が進まない。。。

2019-12-15(日)

年末ですな、年末、年末です。。。
残すところあと2週間。。。

と言ってみても、若いころと違って日々たいした変りもなく。。。

掃除洗濯にまめな僕には年末大掃除さえもなく、日々いつもと同じ小掃除。

で、椅子を移動しながら「ついでに写真でも撮ろう」と集めてみました。

お金のかかっていない椅子

一番手前のトーネットチェアが一番の古株で40年物。
当時、古物屋で買ったものだからたぶん半世紀。
座面を何度も張替え、曲木が折れたものは埋込ネジにボンドで継ぎなおし。
蹴ったり叩いたり座ったり、ぞんざいに付き合って40年。

真ん中奥はマルセル・ブロイヤーのワシリーチェア。貰い物。
左は銀行改修時の廃品。頂き物。 右奥家具の大正堂。

自慢はどれもお金がかかっていないこと。。。

しかしこれでは我ながらあんまりなので、よそのお宅の椅子たちを探してみました。

ファルコンチェアー

モノリスのファルコンチェアー。
これはいい。
すごくいい。

ハンモックのような吊構造の椅子だ。
僕の椅子など及びもつかない経年変化と手の入れようがホントにいい。

検索で中古15万円と石川さんに伝えると「ふ~ん、そうなの」とそっけない。

イームズファブリックのパッチワーク

ファクトリーフラットでは意表を突くイームズファブリックのパッチワーク。
ホントにかわいい~。座り心地もいいんだ~、ステキです。

ショップ映像で。。。この次こそ忘れず写真撮らせて頂きます。

たためる椅子

知り合いの親父さんのとこには吉村の「たためる椅子」が6脚。
たためるから普段は収納しているとのところを1脚出して頂いて
金物は使っていない椅子を、たたんだり組んだりさせてもらい。
丸谷芳正から一脚10万円也。
この家にはマレンコのソファにコルの椅子他、豪華絢爛なのだ。

Yチェアー

ちなみに有名どころのYチェアは現在52800円(楽天)
しかし名前のない椅子でも中古品でも楽しい椅子はあるよ、きっと。。。

ということで年末に戻って、小掃除、小掃除。。。
来年もよろしくお願いします。。。

 

当方被害なし 書きっ放しは良くないですね

2019-10-14(月)

石井淳アトリエ事務所

一昨日の書きっ放しは良くないですね。
ご心配を頂きました。
ありがとうございます。
幸いに台風による被害はまったくありませんでした。
建て主の方々よりの被害報告もありません。

相模原牧野地区土砂災害で亡くなられた方に心よりお悔やみ申し上げます。
また台風前に牧野近く道志村で行方不明の女児美咲ちゃんの無事を祈ります。

今朝は5時過ぎにご心配の電話を頂戴し、ありがたいやら眠いやら。。。。
確かに、我ら不器用な熟年はちょくちょく間違えタップをしてしまいがちで。
電話を掛けたいときには掛からず、掛けなくてもよい時に掛かってしまいがちで。。。。

 

今夜台風19号

2019-10-12(土)

台風の目 相模原へ 風邪予想図

上の画像は今夜22時の風の予想図です。
台風の目が相模原を通過するとき風がやむ。

台風の目 相模原へ 雨予想図

こちらはやはり今夜22時の雨予想図。
台風の目が相模原を通過するとき雨もやむ。

以外に目の中心が通過するほうが、特に風は逃れられそうな気がする。
目の東側の方がきびしい。
千葉などは15号、18号が続き、疲弊しきっているところへの19号だ。

あと9時間後、そして明朝、
関東で初めての試練は、はたしてどうなっているのだろう。

 

新キーボードが届きました

2019-9-26(木)

新しいキーボード

新しいキーボードCRAFTにはダイアルが付いています。
サポートするアプリのタスクごとにはタッチ・プッシュ・回し・押し回しのアクションで。
またタスクごとにギア式(のような感触と音)とスルーダイアルとに切り替わる凝りようです。

バッテリーの持ちはいいのですが交換不可なので寿命は5年くらいかしら。
最近の機器類はバッテリー寿命が機器寿命になってしまいました。

キーはWINDOWS・MAC対応となりました。
ひらがな表示が復活したこともあり、表示はうるさい。
なんちゃってブラインドタッチなのでやっぱり目がいくのですね。
角度調整は付随していないので自作です。

艶消し仕上。 薄型のくせに重量感は半端ない。
キー配置や間隔は慣れでしょう。

消費税引き上げ目前で、スーパーのビール棚もスカスカでした。

 

新旧対照 じゃが「たどり着いたらいつも雨降り」by拓郎

2019-8-31(土)

新旧対照

キーボードがどういう原因で故障したのかはわからんのです。
昔のキーボードは丈夫ですが、キータッチ、機能などで、、、
やっぱり新しいキーボードCRAFTを発注することにします。

多機能マウスは便利ですが、有線マウスの軽さにはかなわない。
JWWでは独特のマウスアクションが多く、もう体に沁み込んでいて
トラックボールではドラッグも、いまいち不安です。
結局、マウスは古い馴染みのものを使用しています。

今月は本を乱読しました。
お盆の交通移動の間は特に集中できます。
7月末からの15冊読破はアッサリ記録的です。
帰省先の札幌図書館では相模原にはない林昌二や柏木博の古い建築本を漁り
乱読の箸休めにと思い万城目の「とっぴんぱらり…」をリクエストすると厚さ5㎝もの単行本で焦り
これから読む、去年の直木賞「ファーストラブ」は題名と表紙で、おじさんも読んでいいのかしらとやっぱり焦り
これもこれから読む中公新書の「老いと記憶」はどういう経緯で予約していたのかさえ忘却の彼方でアセリ
「ファーストラブ」と「老いと記憶」を並べてこれも新旧対照と悦に入る、いしいです。

(強引にたどり着いた結末に、心の中で傘をさしてはだしで歩いてる自分が見える by拓郎)

 

なぜ僕らは過去を守れないのだろう

2019-7-25(木)

はて?
なぞなぞです。

これはいったいなんでしょうか?

都城市民会館屋根

答え:都城市民会館の屋根です。
すぐにピンときた方、、超な建築通です。

都城市民会館

全景が見えてもやっぱりなぞかもしれません。

設計:菊竹清訓
竣工:1966年
メタボリズム(代謝)の代表作。
今でこそメタボといえば成人病ですが、当時は建築が代謝し、増築され続けるイメージです。
都城市民会館の場合はRC基壇うえの鉄骨扇からの大スパン鉄骨梁部分屋根が新陳代謝するイメージです。
「風の谷のナウシカ」の「オウム」がでてきてからは一段と活躍しました。
イメージが似ているということで。。。。

何度も保存と解体の憂目をさまよっていたのですが、ついに解体工事が始まったというニュースです。
残念。

黒川紀章の銀座中銀ビルも一度も部屋カプセルを交換することなく保存と解体の憂目を耐えています。
結局メタボはどれもこれも代謝せず、増築されたのは僕の腹だけです。
ただ理論的には多大に貢献したんです。

都城市民会館は形状と鉄骨素材が保存に値しないということなのかしら。
東京タワーは大丈夫かしら。(大丈夫だよ。 たぶん。。)

はて?
なぞなぞです

都城市民会館を見ていて連想で思い出しました。
これはなんでしょう?

観覧車

答え:みなとみらいの観覧車です。

観覧車からパシフィコ横浜展示ホールの見下ろしです。

パシフィコ横浜 展示ホール

パシフィコ横浜 展示ホール

降りてから行ってみると、ガラス吊屋根の工事中でした。
きっとどうしても頑張って、ガラス吊屋根にしたかったのね。
もう「ナウシカ」の「オウム」の都城市民会館とは隔世の感があります。
が、これは保存されないだろう。

はて?
なぞなぞです

これはいったいなんでしょう?

カエルか照明か

カエルか? 照明か?

答え:照明を持ったカエルです。

保存されるかもしれない。

 

ミーガン・ラピノーはやっぱりカッコよかった

2019-7-8(月)

ワールドカップ優勝おめでとう!
これで「くそったれホワイトハウスになんか行かない」ですみます。
(その後彼女は下品な言葉は母が悲しむからと
くそったれの部分だけ除いてホワイトハウスに行かないとわざわざ再度明言しました)
諸外国ではスポーツ選手が、ミュージシャンが
個人的主張を、政治的主張を、毅然と表明しますね。
いつも、いつもハッとさせられます。

テニスの錦織の場合
大坂なおみの会見で盛り上がった外国プレス会場に入れ替わり交代で入ってきたとたん
外国人記者たちはそうそうに引き上げてしまい日本人記者しか残らなかったそうです。
試合を見ていたらわかることしか話さない錦織君のインタビューには興味ないということです。

しかし今回のウィンブルドンでは錦織君、なおみちゃんを思いやった自分だけの言葉を
いつものちょっと間の抜けた口調で立派に語ることができました。

ちなみに、相撲御嶽海が名古屋場所愛知県体育館で昨日の七夕短冊に書き込んだ願いは
「ダイエットに成功する」でした。

 

日本の建築家を並べただけでこんなに長くなり

2019-6-30(日)

今日のエントリーのリンク先はすべて Google画像サーチ です。
あしからず。
クリックで、やたらと忙しくなってしまいますがぜひ覗きながら読んでみてください。

まぁ、
暇にマカセて日本の建築家について
 まぁ隈さんとかぁ  についてつらつら思い 
 反隈を思い   思っているうちにどんどん暇にマカセて根源の三大巨匠
ミース・コルビュジエ・ライトにまでたどり着いてしまいました。

目の前の建築物は高層ビルから建売住宅まで、すべてはこの3人の影響をうけているわけです。

ポストモダンのフラッグシップであった
 フィリップジョンソン  の   ニューヨーク、ロックフェラー・ゲストハウス 
をヒントに、僕は建て込んだ住宅街に狭小住宅計画を入れていました。

おう、おう、こりゃ、と先が見えかけたその時、、、
ありゃ、こりゃ、
 安藤忠雄  の   住吉の長屋  にそこはかとなく似てくるではないか。
安藤はコルビュジエを引き、自らの真贋にかなったロックフェラーを引いたというのが僕の見立てです。
そのことに自分のスケッチ工程から気が付きました。

 磯崎新  が言うようにオリジナルということなどに意味はない。
引用された当のフィリップジョンソンも引用することでは筆頭で
 ガラスの家  はミースを思い、また歴史の引用という知的創作をも生む。

磯崎新 御茶ノ水スクエア

磯崎のお茶ノ水スクエア。
低層部はウイリアム・ヴォーリズ設計の「主婦の友社」の旧社屋の修復保存再建。
 いわゆる腰巻ビル  のハシリですが、スレスレのところで腰巻を少し脱しています。

 ミース  の透明性、無限定性、抽象性などは、たとえば今僕が見ている
 篠原一男  の  「白の家」   にまで波及しているといってもいい。
また現在林立する高層ビルのすべても
 ミースのシーグラムビル  の亜流とも言える。

篠原一男 東京工業大学 百年記念館

篠原一男の 東京工業大学 百年記念館です。

篠原はもともと東北大学で数学専攻だったのですが
 林昌二  らとともに東京工業大学で
 清家清  スクールから輩出されました。清家の
 斉藤助教授の家  は木造のファンスワース邸と言われるほどミース的でもあります。

コルビュジエ 国立西洋美術館

 ル・コルビュジエ  の国立西洋美術館。

コルビュジエのスクール(建築家に弟子という言葉は当たらないと思う)には
 前川國男、   坂倉順三、   吉阪隆正。 

前川國男 自邸

名作、前川國男の自邸です。

戦後の100㎡制限の中(実は110㎡になってしまっている)で創られました。
前川は帰国後レーモンド事務所にも務めていました。
ウル覚えですが設計担当崎谷が伊勢の棟持ち柱を入れてやっと前川のOKがでたのですが
「ありゃあなくても構造は問題なかったんだ」って崎谷さんは言ってましたね、たしか。。。

その前川のスクールにいた
 丹下健三  は良し悪しにつけ日本国家建築家でした。
それは群を抜いている。
さらに丹下スクールの磯崎は脱国家脱建築を語り、知の建築として諸外国で受け入れることとなる。
まだ若き無名の  ザハ・ハディド  をコンペで見出したのも磯崎でした。
さらに
 槙文彦   谷口吉生  も丹下スクール。
丹下の懐は深い。

丹下の対極と廻りに見立てられた白井晟一。
 親和銀行、  ノアビル  松濤美術館  など今も異彩を放っている。

フランクロイドライトは不倫の末
  タリアセン(輝ける額)  で学校事務所を開設するも
理論建築ではない個人に帰する建築故、スクールとしての展開幅は小さい。
しかし、たとえば住宅新築をお考えの皆さん、
丘の頂上ではなく輝ける額の位置(頂上の少し下)こそが最高の建設地なのですよ。

日本では
 帝国ホテル   を設計監理するも予算オーバーで解雇されます。
帝国ホテル工事にはライトの下で
 アントニン・レーモンド  が働き
そのレーモンドのスクールに
 吉村順三  もいます。 吉村の下にはコルビュジエの休暇小屋を愛する
 中村好文  などこれまたステキなメンツがいます。

ライトは70歳にして大富豪の邸宅
 カウフマン邸、落水荘  で復活しました。

コルビュジエだって負けてはいない。(なにが負けてはいないのかよくわかりませんが)
youtubeの映画予告より(休暇小屋もちらりとでてくるよ)

それは嫉妬か、愛憎か?
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの忘れがたき人――
アイリーン・グレイ。
南仏コート・ダジュールに建てられた白亜の別荘<E.1027>に隠された秘密とは?
モダニズム華やかなりし時代に生きた二人の建築家の人生を美しき映像でつづる極上のドラマ
 youtube 予告へ 

村野藤吾 旧千代田生命本社ビル トップライト

 村野藤吾  旧千代田生命本社ビル トップライト。
おそらく当時まだ時珍しいガラスモザイクタイルではないか。
それぞれのトップライトが四季を表す村野的表出です。

さて、村野事務所からはなぜか
 菊竹清訓。 
そうすると
 伊東豊雄、   SANA妹島和代  へと連なっていきます。
磯崎は本の中で丹下、磯崎、それに続くのは妹島だといっていますね。

伊藤豊雄 風の卵

伊藤豊雄 風シリーズ。風の卵。

さらに特別枠の建築史家として
 藤森照信。 これがまた面白い。
 赤瀬川原平   南伸坊  らと路上観察学会を結成したしだいです。

さらにさらに、今も脈々と、いろいろに、続いています。。。
うっ、うっ、キリがないです。。。

本日のところは、長話、これにて閑話休題。

う~ん。
この検索参照事項が多い方法はスマホでは無理ですね。
反省するも代替え方法を思いつかない。。。

 

東京五輪の陰謀。。。。

2019-5-22(水)

東京五輪観戦。
マラソンや競歩だと、予約なしチケットなし、「ただ」です。
しかし狙いはズバリ、予約なしチケットなし、の自転車ロードレース。

相模原市 テストイベント サポーター募集700名程度

写真は相模原市ロードレース テストイベント サポーター募集700名

福永さんの実家前を走り、エリちゃんちの前を左折する。
(リエちゃんちの前は残念ながら走らない)
青根を経て富士山麓への屈指のクライマーコースとなりました。

しかしおかしなコースどりだなぁ~と思うんです。
いやいや青根や道志などの僻地から山梨へのコースどりはいいんですけどね。

東京五輪は、なんとしてでも、少しでも長く東京を走らねばと、
スタート時には東京都多摩の住宅街をうろつき
東京都八王子をあっちやこっちへ抜け
狭く殺風景な東京都町田街道を走ります。

なぜ素直に、とっとと相模原市に入らないのか。

東京五輪 ロードレースコース

先月、コースの一部を走ってみました。
東京都八王子市からこのトンネルをくぐると東京都町田市。
この先も相模原には入らず、相模原の際を走りつづけ、すなおには神奈川県に入りません。

僕ならば、南多摩尾根幹線からすなおに鎌倉街道、芝浦街道、
そうして街並みバリエーション豊かで広い国道16号へのルートが素敵だと思います。

そうすれば淵野辺を、事務所の前を走り抜ける。。。。
ステキじゃないですか。。。。
たぶん僕の事務所の前を走らないのは東京五輪の陰謀だと思うんです。。。。

陰謀説とは別にロードレースにいくつか気になることがあります。

1)テレビでよく見る「ファンが選手に触る、押してあげる」などが日本では厳格に失格になることはないか。
そのあたりの塩梅、文化としての伝統と盛り上がりは、日本でも楽し気に行うことができるだろうか。

2)自転車選手たちは自転車で走りながら飲み食いし、排泄します。
または道路脇で自転車にまたがったまま用を足します。
そのスキをついてアタックを仕掛けるなど紳士協定に反することは誰も行わない。
なのでそのタイミングで他の選手達もいっせいに道路脇に並んで一時停止し、連れションをします。
日本では軽犯罪法だとかで逮捕されることはないか。

3)僕の事務所前でだけは用足し隊列を組まないで欲しいとは思う(身勝手ながら)
(オリンピックは5時間程度のワンデイレースなので危険性は低い)

4)オリンピック終了後もたぶん伝説のサイクルコースとして、シャーっと走り抜ける人達が増えるから
危険防止のためやっぱり僕の事務所前だけは避けてほしい(身勝手ながら)

これらをふまえて、2019年7月21日にテストイベントがあります。
本番同様に封鎖された車道を走り、選手側・運営側ともに事前テストを行います。
「市民の皆様もぜひ沿道応援に」と自治体側も呼び掛けています。
いろいろ楽しまなくちゃあね。

我ながら、つまらん思いつきや心配なら、ツギツギと思いつき、、、、

呆れてしまいました。。。。

 

年度末の関内 令和元年 記(って書きたいだけ)

2019-4-1(月)

イチロー、引退しました。
先月のエントリーは引退発表前で、狙ったわけではなかったのですが、
今朝はメディアの元号祭り騒ぎに乗っかって、11時半の発表時にアップできるかなぁ~。。。

さて、僕の年度末。
横浜の役所帰りには廻り路してしまいます、赤れんが倉庫。

桜木町 赤レンガ倉庫 1

手をかけたものは古くなるほど、さらによくなる。

桜木町 赤レンガ倉庫 2

そういう価値の時代にやっとシフトしてきたのか
自分が年をとって経年変化してきのか
どちらなのかはわかりません。
そういうものを創りたい。

大桟橋にも寄っていきます。

横浜大桟橋 2

横浜大桟橋 1

バイヤーオンリー入場

バイヤー・メディア・ファッション関係者オンリー招待の会場に間違って入り込んでしまったのに気付かない僕。
周りの人はパスを首からぶらさげているのに…。
とんがった雰囲気の会場の正面出入口から出た時に入場手続きをしている係りの人がいて、やっと解りました。

季節柄の桜画像。
「桜とみなとみらい」と「桜と近所の公園(31日)」

桜とみなとみらい

桜と近所の公園

令和元年  平成31年4月1日   記

なんちゃって。。。。

エープリルフールはどこへ行ったの?

なんちゃって。。。。

 

「ここがちょっとね」「って今は言わないもんね」2006年頃 by YouTube

2019-3-5(火)

ギターリストではない いしい です。

YouTubeリンクです。43分08秒。(23:15からは水増し繰り返し)
矢沢永吉とイチローとの対談って噛みあうのかしら?
いつまでWebに残っているかは内容をカンガミるとわかりません。

基本、イチローが好きで、なおかつ矢沢も好きな人じゃないと見るのがしんどい。
戦国大名でいうと信長気質タイプの二人、、、とまで(悪く)は言わないけれど、
イチローの我慢でなんとか噛みあってます。
(実は僕は信長に長年振り回されているが、こンな話も戦国好きな人以外にはしんどい)
僕にとって興味深い対談です。

youtube ここがちょっとね

1:44です。
「ここがちょっとね」(by イチロー)
「ここ」とはMLB選手のおつむのこと…。
よくいままで削除されずに(発見されずに)いてくれた。
笑いましたね。
MLB、決してそういうことじゃないんだけどなぁ。

youtube イチローの家

4:26からは
イチローの「家」。

ちなみにプロレスラーの蝶野の自宅を設計した僕の先輩の場合は
蝶野:「ワイフ(ドイツ人)の言ってる通りに設計してくれ」
の一点張りだったそうです。

コメント tmさん
17:36~「心の中はエゴイストの方が、お客さんに喜んでもらえる」(意訳)
これ、仕事にも通じる極意だと思う?」

3月。
花粉で水っ鼻が、壊れて開きっ放しの水栓のように止まらない。

 

ギターリストとしての 僕 ??

2019-2-28(木)

ウッドコーン ミニコンポ

小さなミニコンポでもウッドコーンスピーカーはバイオリンやギター、チェロなどと相性がよい。
アコースティックの音色に癒されます。
エレキギターの音でもやはりいいと思います。
達郎の「SPARKLE」のカッティングも気持ちよく聞けます。
僕が「SPARKLE」をアコースティックでベース音も欲張り親指で握ると運指が寝てうまくいきません。
エレキギターだと押さえやすいのに…。

さてギターの話です。
そんな僕のところに昨日ポストにオーダーエレキギターの案内状が投函されていました。
僕がまさか注文する訳もないのに、よくもまぁこの僕にオーダーギターの案内を送ってくれたものだと
不思議な気持ちでイソイソと開封してみるとなんだか様子が少し変わっている。

メモリアルギターカタログ

よく見ると自宅解体時にでる木材でメモリアルギターを作るというなんとも言えないプロジェクトです。
いろんなハテナが頭上にポップアップしますが、まずはギターリストの僕?
にではなく建築家の僕あてに送られてきたギターカタログだということが解りました。
「住宅建て替えのクライアントにメモリアルギターを」ということですな。
ならば少なからぬコストをかけてまでわざわざギターにせずとも…とかも思う訳ですね。
事前に音色を確認することができないのも気になります。
しかし若者達はよくもまぁ、いろんなことを考えます。
ギターメイド事業の中のひとつのプロジェクトなんですね。

GLIDE

GLIDEという会社です。  (ホームページ)
見るからにギター好きらしくてよろしい。
小説「羊と鋼の森」でブレイクしたピアノ調律師のギター版のような無料の出張調整会もやっているらしい。

ギターリストとしての僕の(騒)音が世間に漏れてしまった由で送られてきたカタログではないことが解って
何はともあれ、ホッと胸をなでおろしています。

 

2019 初的中

2019-1-16(水)

大雪の千歳空港

というわけで新年北海道は「大雪」的中でした。

大雪の滑走路

空港では、欧米の若者達が床にすわりそれがカッコいい。
シートは年寄、子供女性に譲り、長い足を投げ出すさまがカッコいいと思ってしまいました。
もともと彼らの自宅は土足だし、日本の空港の床ジュータンは清掃が行き届いているし。
それでも僕みたいに気にしたりしないところがカッコいい。
時間にカツカツしてなさそうなところがカッコいい。
苦情暴走しなさそうなところもカッコいい。
僕は彼らのことを何ひとつ知りはしないのですが、なんとなくそう思いましたね。

相模原の蝋梅

相模原に帰るとこちらは梅、蝋梅です。
成人の日、今年も盛りを逃し、過ぎていました。

相模原の1月風景

やはり北海道とはこうも違う。

今年は僕も欧米の若者みたいにおおらかに過ごそうと思いながも
帰ってさっそく、せっせと掃除洗濯、せっせとあちらこちらを磨き、
指先を酷使して、またスマホが指紋認証できなくなりました。

やはり欧米若者とはこうも違う。

2019  2018  2017  2016