石井淳アトリエ 建築設計事務所 神奈川県相模原市 建築設計事務所 相模原市


 □  特許 高濃度スルフォラファンブロッコリースプラウト

2015-12-08(火)
ものものしい命名でいかにも体によさそう。
昨日、昼飯時のテレビでスーパー野菜として放映されていたのでさっそくお買い上げしてみた。

ブロッコリー
とにかく体によいのだそうだ。抗酸化作用、ガン予防などなど…。
特大ブロッコリーが入荷していたので一緒にお買い上げ。


スプラウトとはカイワレやもやしみたいなもので枝別れを残して採取するとまた伸びてくるそうな。
今は食べるよりこのまま一緒にデスクの上にいて欲しい、癒されるかわいい葉っぱに思えてきたのは僕の心が荒んでいるのか?




 □  XPマシンの再生 ひび割れディスプレイ再利用か?

2015-12-01(火)
重い腰を持ち上げWINDOWS10環境に切り替えた勢いにのって、廃棄予定のXPだったマシンにLinuxをインストールしてみた。


Ubuntu LinuxLinuxには多くのディストリビューションがあるということだがシェア率の高いUbuntuのインストールに土曜日を費やした。
ところがプロンプトを含む表示のことごとくが「左上隅」に集中していて液漏れのため読めない。
実はディアルモニターとしているのだが、隣のディスプレイはWINDOWSでこれとは別の離れた場所のディスプレイとディアル化しており、確認のため頻繁に席をたつという非効率的作業だ。
インストール後あれこれ弄りまわしているうちに動きが鈍くなった。
もともと250GB、Pentium4 デュアルコアでは今どきのマシンとは桁が違う。
この日の作業はここまで。



MX-14 Linux翌日曜、また検索作業から始め、今度はMX-14をインストール。
MX-14は狙い通りに左下に表示が集中している。
そのうえDebian Wheezyベースで動きが軽い。
なかなかの絶好調ぶりだ。十分に使える!
ただオペレートになじむのには時間を要するので、実際にはこの先わざわざこのLinuxを起動することは少ないだろう。

WINDOWSやMacの1台持ちの人で、XPマシンをまだ捨てずにいるならLinux化もいいかもしれない。
Linuxはディストリビューションによってサポート記事の充実に差があり、また英文を読む場合には時間もかかる。

WINDOWSからLinuxをインストール、Linuxから別のディストリビューションをインストール、パーテーション分け、日本語化作業、ISOファイルメディアの選択、HDDへのフルインストールなどディストリビューションごと、ユーザー環境とやりたい事ごとによりそれぞれ微妙な差異があるので注意を要する。WINEにてJWW (JW for Windows) も可能らしい。

JWWもフリーウェアだがオープンソースではないので枝分れはしていない。
それでも長く多くのバージョンアップを繰り返しその方法論はすばらしい。

日本と韓国ではマイクロソフトとアップルに依存し、Linuxはまだマイナーだが実は他の諸国ではすでにメジャー化しているらしい。人間の大きな英知を感ずる。

それでもまだシェアが低いこと、枝分れが多いことなどがウィルスに強い理由なのだろうから、この先メジャー化が進むとこれもまたセメギアイが始まることだろう。



過去ログ 2011年07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 
過去ログ 1 過去ログ 2 過去ログ 3