石井淳アトリエ 建築設計事務所 神奈川県相模原市 建築設計事務所 相模原市


 □  小さな緑

2015-10-17(土)
小さくても緑はステキだ。
自分が扱って楽しめる分量だけの緑でいい。

小さな緑リュウノヒゲ手間をかけたくないのなら草だけでもいい。
設計時には「草なんてそのうち引っこ抜くかも」と言ってた
クライアントのリュウノヒゲも立派に役目を果たしている。


中庭メダカ
建築は内と外の関係で成り立つ。
特別に用途のないアプローチや下屋や庭が育ち、家もよくなる。
家の中だけではなく外にもお気に入りの場所やモノができる。
そこにはメダカもいる。


庭師の庭カーリフトアプローチ
カーリフトアプローチだってコンクリートの床とは限らない。

同じことをしていても緑にはそれぞれに違ったセンスがにじみでる。
クライアント先代からの付き合いという庭師に任せると和風の香りがしたりする。
「料理は料理人の器量次第」 だけれど 「緑は手をかける人の器量次第」、 プロアマ問わずだ。


奇跡の庭ところがクライアントにまったく手をかけられていないのに
僕にはピクチャレスクに見える奇跡の庭があるのだ。
緑の奥は深い。

< 追記 >
ジョルジュ・バタイユは「何の役にも立たないものは、価値のない卑しいものとみなされる。しかしわたしたちに役立つものとは、ただの手段にすぎないものだ」 という。
緑は商品化しにくいもののひとつだ。
TTPの進むなか、医療を代表とするアメリカの商品化文化は今や悲惨な現状をアメリカ国内で示している。
僕らが大切にするべきものはなにかをいつも心にかけなければならない。



過去ログ 2011年07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 
過去ログ 1 過去ログ 2 過去ログ 3