石井淳アトリエ 建築設計事務所 神奈川県相模原市 建築設計事務所 相模原市


 □  晴天の早朝に思うこと

2012-06-30(土)
関東は“梅雨の晴れ間”という言葉どおりの“晴れ”です。
しかし こうも晴れが続くと“梅雨の晴れ間”ではなく、ただの“晴れ”ではないのかと疑いたくなる。
「貴重な“梅雨の晴れ間”ですから、今日一日を有効に使いましょう。 お洗濯モノは今日のうちに」
とか、天気予報のお姉さんは言うのだ。が、

晴れが続き、だんだん貴重感は減るし、
晴れが続き、そうそう毎日を有効に使いきれなくてかえって残念に思うし、
晴れが続き、なんたって毎日お洗濯ばかりしていられない。 のだ。
それでもまだ呪縛のように残っている貴重感に脅かされ、夜が明けるやイナやせっせと洗濯をするのは
僕の貧乏性のせいなのかもしれない。


天気図そんな“晴れ”だから1時間も自転車に乗ると日に焼ける。
昨日は長袖Tシャツで走った。
事務所に戻ると汗が吹き出し止らず
シャツが体に貼りつきウンザリする。
梅雨前線はどこにいるのだと罵りながら検索してみる。
左は気象協会の天気図だ。
これではまた明日も暑い“ただの晴れ間”だな、と溜息をつくふりをしながらニンマリしてしまう。
今日もお姉さんは「貴重な“梅雨の晴れ間”」をくり返し囁いてくれるだろうし、僕は夜が明けるやイナや昨日の汗Tを洗濯したのだ


ちい散歩の地井武夫さんが亡くなった。
当初は目が見えにくい症状という報道だったのに。
やさしく 力強く 元気な地井さんがロケで相模原を散歩中にお見かけした。
魅力的で楽しい番組だった。 ありがとう。




 □  趣味と実益  一石二鳥 七転八起 八面六臂 の活躍

2012-06-13(水)

ご無沙汰であった小説を4年ほど前からふたたび読むようになった。
俳優 谷原章介のテレビでのブックレビューが好きで楽しみにしていて、見るときには見る。
毎週土曜日の朝に彼が司会をする“王様のブランチ”のひとコーナーだ。
何年もの間、仕事にプライベートに忙しい時期にもしっかり本を読み続けていることにも感心する。
お笑い芸人ピース又吉が昼の番組“笑っていいとも”でおすすめ本のコーナーをはじめ、その読書暦を披露している。
対抗して芸人さまーず三村が「オレは書店の平積みコーナーの本は全部読んでいる」と言っていたが、彼は2年前の深夜番組でも同じことを言っていたので少なくとも2年以上もの間話題の新刊を読みつくしていることになるから、これも感心なものだ。
先日21年間続いたというNHKBSの“週刊ブックレビュー”が終わり寂しい気持ちでいたが、活字はやはり強いということだ。

好きな趣味でテレビ仕事になるのは見ていても楽しい。

“ちい散歩” “タモリ倶楽部” “DASH村 趣味とはちがうか” 太一の“男子ごはん”
どの番組も見たくて見るというよりは気がついたら見ていたという番組だ。



にっぽん縦断 こころの旅“にっぽん縦断 こころの旅”   63歳になった俳優火野正平が
自転車で日本を走るという番組だ。
まだまだ自転車で走ったりもするのだが
電車に乗ったり、スタッフの車に乗ったりもする。
気がついたら見ていた。
“王様のブランチ”以外はいつ放送されているのかもわからない。
火野と自転車と 飄々とした番組作りとが 実にココチよいのだ。
火野がパンクにオチイル事態はまだ見たことがない。

好きな趣味で仕事になるのは見ていても羨ましい。

パンクはうつる。
風邪のウィルスのように。または映画「リング」の貞子のように。
北海道からでもうつる。
今日は前輪がパンクした。
今回はチューブだ。
事務所に戻り、昼休みに修理を完了した。
おかげで昼食はカップラーメンとなった。
検索すると低コストタイヤの場合 “3ヶ月でタイヤ・チューブの様相はかなり変化してくる”
“毎日使って1年~1年半何の問題もなく乗れるタイヤ・チューブはすごく優秀”  らしい。
つまり1年~1年半に一度パンク修理をし、そしてカップラーメンを食べるのだ。
まるで、今年もこの時期がきたかと チョコもなくカップラーメンを食べるバレンタインデーのように。


 □  踏み込んだ 根本的な思考

2012-06-02(土)
住宅裏への通行止め門扉。
面材は米杉だ。

門扉表門扉裏


目立たない所ではあるけれど、アルミの既製品より やはり根本的に抜群になじみがよい。


話は変わって本題。 前日に自転車後輪タイヤをスローパンクチャーさせてしまった。
そうかそうか、やっぱりやったかと手を叩きながらニヤニヤする熊さんの顔が浮かぶ・・・。
ロードに乗るのは初めてで慣れが足りないせいか、後輪をロックアップさせてしまうことがたびたびだ。
タイヤ幅が細く自重も軽く、おまけにスピードがあるものだから止まらないのだ。
ブレーキや、坂道を下るとき、障害物を乗り越えるとき、重心を前後させタイヤへの荷重を調整する。
ロックアップさせてしまうのは横道から出てくるおばさんドライバーのためか
やはり横道から飛び出してくるあんちゃんサイクルのためであることが多い。
自転車は部屋置きなので乗り終えるたびにウエスでタイヤも拭くのだがフラットスポットなども気がつかなかった。
その日乗り始めると違和感があり、三度目の目視でなんとタイヤがあっけなく裂けチューブが見え隠れしてるのを発見した。
どこか近くの店までもってくれるようにいたわりながら走り、やっとスポーツ店で一番安いタイヤ、チューブに交換をした。
くぅ~、一番安い自動車のタイヤと同じ価格ではありませんか。
まだ600kmしか走ってないのに。普通のタイヤ寿命は3000kmくらいだそうだ。
磨耗につよい高価なタイヤを履くつもりもないし、予備タイヤを持って走るつもりもない、ひたすら用心深く走るだけ。
なのかしら・・・。

このところ日本でも自転車人口が急に増えているという。
自転車にもナンバープレートをとか、単発短絡的で展望のない施策も検討されているようだが
踏み込んで根本的に自転車の位置を確立してもらいたいものだ。
たぶん僕の技量不足のせいばかりではなく
このままノープランな自転車政策が続く限りロックアップはなくならないだろう。

過去ログ 2011年07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 
過去ログ 1 過去ログ 2 過去ログ 3