石井淳アトリエ 建築設計事務所 神奈川県相模原市 建築設計事務所 相模原市


 □  ギター小僧 から 横すべり

2011-11-12(土)
ギター小僧プロのギターリストの石塚さんはこんな派手なギターを何本も持っている。
先日の集まりで弄らせていただいた時、写真まで写してくださった。
ギターというのは実によい。
バッハをギター作品集で聞くのだってまたよい。
とりあえずの、ギター小僧への前振りです。

原発事故のあと斉藤和義がYouTubeにあげた「ずっと嘘だった」が話題になった。
斉藤和義僕の好きなギター小僧のひとりなので
やってくれたなと思ったものだ。
右画像はYouTubeへリンクしている。
資生堂のCMソングに書き下ろした
「ずっと好きだった」を歌ってから
「ずっと嘘だった」を歌うのだ。
ギターストロークが小気味よい。
忌野清志郎が原発反対歌を実は何曲も歌っていたのだとNONさんに聞いた。
「サマータイムブルース」だけじゃない。「メルトダウン」や「原発音頭」。
みなYouTubeから拾える。
THE BLUE HEARTS はチェルノブイリ事故から2年後に <「チェルノブイリ」YouTube> を歌っていた。
うれしいことにYouTubeではこれらについての書き込みが今でも続いている。
発売禁止やら企業圧力のため自主製作やらのドタバタのあげく、まだいまだに残っている曲たちなのだ。
小出裕章氏だってYouTubeから発信されてからやっとメディアが拾いあげたのだ。
ギター小僧のつもりがいつの間にか「ネット発信」の話になってしまった。
今日テレビで見た「原発のコストは事故収拾も含めるとこれだけ高くつき、電気代に反映させるとこうなるので、
まだ火力発電の方がよい」みたいな話よりこれらのネット発信はずっとまともだ。
事故収拾コストなどを含めずともコストは高いのだが、この期に及んでまだコストの話でもあるまい。 あきれてしまう。
被曝した方に、家を奪われ故郷を奪われた方々に、癌や白血病の発症の恐怖と戦う人々に、
コストが高いことがわかったので原発はやめますなどと言えるものか。
それはまったく歯が立たないほどに危険なのだ。
故郷を壊し、海を、地球を汚染し、人を汚染する。
そういう危険物質をせっせと作り続けることに意味などまったくない。
大きな声で歌ってよい。

ずっと嘘だったんだね、と。



過去ログ 2011年07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年02月 03月 04月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 
過去ログ 1 過去ログ 2 過去ログ 3